本文へスキップ

ブルーエンジェル






マリーナ ブルーエンジェル マリンブログ メニュー


 

 

マリンブログ MARINE BLOG

2019年5月5日(日)
岩国航空ショー2019

           空中給油デモンストレーションする戦闘機
 
           爆音で飛行する戦闘機
 
         アンカリングして海上観覧
今年も岩国航空基地にて日米親善デー2019が開催されました!
何度見てもこの航空ショーは大興奮です!

最新鋭ステルス戦闘機「F35B」の華麗な飛行や、爆音を轟かせながら飛行する「FA-18」戦闘機に
普段決して感じ得ることのない興奮と、言葉に言い表せない何かが 心に響く瞬間です。

爆音に目を向けても戦闘機は見当たらず、音速で飛行する戦闘機は はるか先に・・・
プロペラ機特有のエンジン音で飛行・ホバリングするオスプレイ・・・
繰り返しになりますが、何度見ても大興奮です。
2019年4月17日(水)
サギ飛来!
4月に入り暖かくなりました! 海上も凪の日が増えてきたように感じます。
今日も暖かく多少風はありましたが、昼から海上試運転を実施しました。

エンジンの調子も良く、試運転もひと段落つき
空を見上げて「やっぱり、海は気持ちいいな~~」って感じていたところ・・・
遥か向こうに、海上空を悠々と飛んでいるアオサギがおりました。
すると、何かを見つけたかのように急旋回し、我々のボートへ向かってくるではありませんか・・・

そして、なんと なんと船首に着艦!



海辺や河川でよく見るアオサギ、人間が近づくと逃げるようにすぐ飛び立っていくイメージがありましたが
アオサギさんから寄ってきてくれるなんて!。

羽休めに来たのか⁉ はたまた、ボートで釣りをした魚があると思い おこぼれをあずかりに来たのか⁉
たぶんおこぼれだと思いますが(笑)

初めての光景に、なんとなく良い気分にさせてくれました。



「また、海上で会おう。アオサギさん!」
2019年3月8日(金)
JAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW 2019

ヤマハ発動機屋内展示ブース


世界最大馬力船外機 
ヤマハXTO F425A(425馬力)国内参考出品

ヤマハ2019最新モデルマリンジェット
 MJ-FXCruseir-SVHO
 
屋外フローティング展示
   
IPS搭載のヤマハEXULT38

普段見ることのできない最新型が並ぶ迫力ある大型艇
 

3基のエンジンを搭載したNEWヤマハEXULT43

今、話題沸騰中の次世代型航海計器GARMIN
ジャパンインターナショナルボートショー2019が3月6日(木)~9日(日)の4日間で開催されました。
屋外では国内外のボートビルダーが集結し、最新大型ボートのフローティング展示、屋内展示場では中小型ボート、セイリングボート、水上バイクの展示のほか
マリン用品などの最新マリン情報が盛りだくさんのイベントとなっておりました。
2019年1月13日(日)
荒天航行(観天望気)

             しぶきを浴びながら走るボート
この日は、昼からボート廻航の為、北に向けて航行する予定。
嬉しいことに朝から快晴、風速計も1~2m/sと示しており、海上も凪状態。
天気予報を見ても天気が崩れる予報もなく、波が立つ予報もなく廻航には最高のコンディション
予定通り、昼から意気揚々と出港。

しかし・・・・⁉

出港後しばらくして、北東の風が『ビュ~、ビュ~』と、時折吹き始め
しだいにその風も『ビュ~~~』と強い風に急変・・・。
海上もその風につられて白波が立ち始め
北に向けて快調に走っていたボートも、北東から吹く向かい波で速度も半減。
引き返そうか、そのまま走ろうか悩みつつ航行続け
これ以上海況が悪くなるようならば引き返そうと判断した矢先・・・

あちらこちらで白い兎が飛び跳ねていたものが
幸いにも
ちらちらに変わり、風も次第に弱まりホッと一安心。
結局目的地まで1時間半で航行予定が、2時間半近くかかりました。


            白兎が消えつつある海上

小型船舶教本でも『観天望気を心がけよう』と習ったように
海の天候は急変すると、改めて今回の航行で感じました。

皆様も、この時期の天候は、急変することがございます。
無理せず楽しいマリンライフをお楽しみ下さい。
2019年1月6日(日)
謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
今年も皆様に、やっぱり「海っていいな。」と感じていただける
マリンライフスペースを作っていきたいと思っております。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 皆様の航海安全と大漁を祈念いたします。
                  
        マリンスペース ブルーエンジェル
                  2019年1月6日



~お正月に初出航されました皆様~
     
     
     
     
     
     
2018年11月25日(日)
輻輳海域⁉
     
松山港ではあまりみない光景が・・・ここは輻輳(ふくそう)海域⁉[タンカー・貨物船等が活発に往来し、船舶交通がふくそうしている海域]
複数の貨物船が何度も汽笛を鳴らすので海を見てみると、上の写真のように4隻の貨物船が松山港入り口付近でスピードを落とし慎重に航行していた。
この水域は潮流が非常に速く、そして狭い。そんな水域のため魚影も濃く、たくさんの釣り船も点在することが多く
我々が乗る小型船舶でも細心の注意を払って航行しなければいけない水域となっている。
そんな水域に数百トン~数千トンもある大型貨物船が複数行き合うともなれば、更に難易度の上がる航行技術が必要となるはずだが
そんな心配はご無用とばかりに、この現場をスムーズにクリアしていく貨物船の操船技術はお見事!
小型船舶で楽しんでいらっしゃるみなさまも今後このような海域で、輻輳する場面に出くわす事があると思います。
その際は、大型船舶の航行の妨げにならないよう航行を行いましょう。
2018年11月1日(木)
ボートゲームフィッシング愛媛大会実施報告

日本マリン事業協会四国支部よりBGF愛媛大会実施報告
詳細レポート
2018年10月14日(日)
ボートゲームフィッシング愛媛大会
          
                     
 
        検量のため堀江海の駅に係留した参加艇
 
         検量所ではたくさんの魚が持ち込まれた
 
           
 
         タイの部 優勝のチームエアーウェーブ
 
        タイの部 準優勝したチームLIAISON
 
    青物・タチウオの部で見事2冠を果たしたチームPoliちゃん1号
一般社団法人日本マリン事業協会主催、ボートゲームフィッシングトーナメント2018を松山堀江海の駅で開催しました。
魚影の濃いこの西瀬戸内をフィールドで、本部艇チーム含む13チームがタイ、青物、タチウオの釣果で熱戦を繰り広げました。
天候、釣果にも恵まれ、岡山からもご参加いただき大変盛り上がった大会になりました。

検量係留桟橋に制限があり難しい入港、着岸をお願いしましたが、参加艇皆様のご協力もあり、すべて予定通り進めることが出来ました。
ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。
2018年10月4日(木)
台風25号

    台風24号が通過し、夕日の光が注ぎこむ松山沖 9/30
先週、台風24号が過ぎ去り、ホッとしたのも束の間。
過ぎ去った頃に、台風25号が発生し再び日本列島接近の予報が・・・
どうも3連休のど真ん中辺りに最接近のようで、楽しみにしていたマリンレジャーも厳しそうです。
みなさま、今後の台風進路をこまめにチェックされて、くれぐれもお気を付けください。

いつも思うのですが、もう少し台風進路予想円が小さくなればと・・・
2018年9月22日(土)
SR-330試乗
   
ジョイスティックの操作に応じ、2機の船外機が前後進、回転を調整し思いのままに操船が可能になった、ヤマハ船外機操船制御システム「ヘルムマスター」を搭載のSR-330のご紹介です。
300馬力2基掛けによる抜群の加速と走行フィーリングは新たなマリンシーンを作り出すことまちがいなし!この日の試乗ではGPS表示で42ノットをマークしました。
ベイクルージングや船上パーティなど、楽しいボーディングライフをしたくなるような雰囲気で、定員も15名と大勢のゲストを招くことができるのも魅力のひとつだと思います。
海の新しい”遊び”のアイディアが広がる機能が満載。NEWヤマハSR330
2018年9月14日(金)
NEWモデル試乗会
ヤマハNEWモデルSR330・DFR33・ガ―ミン搭載YFR-24EX・SR-X EX I-PILOT仕様など、
今、最も注目されているヤマハボートが愛媛に上陸!
NEWモデルSR330は全国では初めての試乗会となっております。
ぜひ、この機会にご体感ください。
ヤマハSR330Special site
2018年8月14日(火)
スマートアイディア!!
 この日は家族みんなでボートに乗って海水浴。
なにやら見慣れないアイテムをボートに載せていたのでお話を伺ってみました。

以前から、海水浴ゲレンデに到着したら、いち早く「海に入りた~い」
というお子様のリクエストで製作を思い付いたそうです。
「ただ、ふつうにボートから海に入るのもつまんないなあ」と
お父さんも思っていたそうです。

名付けて、『スマート エントリー スライダー!!』
      (勝手にこちらが名付けました 笑)

このスライダーのおかげでお子様たちは、さらに海に出かけるのが
楽しみになったようですね!
Good Job!!
 
2018年8月5日(日)
松山三津浜花火大会
約1万1000発の大輪花火が松山の夜空を彩りました。
マリーナからも迫力ある花火を間近で観覧できました。
2018年8月1日(水)
漂流物
瀬戸内海に豪雨で流れ込んだ流木などの漂流物がまだまだたくさんあります。
航行する船舶は十分に気を付けて下さい。
2018年5月27日(日)
ブルーエンジェル ボートフィッシングトーナメント2018
ブルーエンジェルボートフィッシングトーナメント2018開催いたしました。
笑顔あふれる楽しい一日となりました。
ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。
後日、詳細レポートいたします。
2018年5月26日(土)
ブルーエンジェル ボート フィッシング トーナメント2018開催について(2)

ブルーエンジェル ボートフィッシング トーナメント2018 予定通り開催いたします!!

 
2018年5月24日(木)
ブルーエンジェル ボート フィッシングトーナメント2018開催について
5/24現在 ブルーエンジェルボートフィッシングトーナメント2018 開催予定です!! 
お天気になるように祈っていてください(^^)/   
5/26(土)に改めて開催予定をこのホームページでお伝えいたします。
2018年4月3日(火)
シーズンインメンテナンス

       シーズンインメンテナンスを完了し、出港を待つボート

試運転を行い桟橋に浮かべてエンジンやマリントイレ、航海計器などをチェックするボート
暖かくなってまいりました。4月に入り桜も散りはじめ、いよいよマリンライフシーズンの到来です。
当マリーナでは、シーズンインに向けてボートライフを良好なコンディションで安全に楽しんでいただきたいため
「シーズンインメンテナンスキャンペーン」を実施しております。
ボートを走らして、艇体やエンジンを隅々までチェックし整備を行います。
事前にメンテナンスを行っておけば、良好なコンディションを保つことが出来、エンジントラブルなどを大幅に防ぐことができるはずです。
お申込みを頂きましたお客様には、お待ちいただいており大変ご迷惑をお掛けいたしております。
順次整備作業をさせていただいておりますので、どうぞよろしくお願い致します。
2018年2月18日(日)
イルカたちと・・・
   
   
松山沖で100頭ほどのイルカたちと出会いました。
イルカたちは、こちらのボートを全く恐れることなく
逆に近寄って来て一緒に遊びながら泳いでるようで
ボートの下を潜ったり、引き波に乗って泳いだり、イルカ特有のホイッスルのような鳴き声を発したり
とても感動のひと時でした。
2018年1月25日(木)
氷柱が・・・
今シーズン最強寒波が襲来し、全国各地で厳しい寒さが続いています・・・。
ここ松山でも、25日の最低気温が氷点下2℃まで下がり、雪も舞い散る寒さとなりました。
マリーナもこの最強寒波の影響で早朝につらら出来ておりました。
太陽の光を浴びると普段見るこのとのない光景にしばし感動でしたが
でも寒いのは苦手、早く春よ来~い!
2018年1月4日(木)
謹賀新年
     
     

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

皆様の航海安全と大漁を祈念いたします。

~お正月に初出港されました皆様~
                  
    マリンスペース ブルーエンジェル
                  2018年1月4日
2017年12月1日(金)
Boatイメージチェンジ
ハルの色に少しくもり劣化が目立ち始めた事もあって、イメージチェンジ塗装しました。
黒色への塗装を施しましたが、ボート全体が引きしまった印象に変わり、キラキラとした光沢もあらわれました。
海に浮かべると、さらにイメージチェンジを実感することができました。
    
塗装中や乾燥時に、ホコリや湿気が付かないよう作業終了まで整備工場にボートを入れておきます。
空気の流れも防ぐため、全ての扉を閉めて作業を行いました。
 塗装部の下地作業を終えると、ライン出しや塗装の飛び散りを防ぐために入念な養生を行います。
ここまでの行程に時間をかけ丁寧に作業しておけば綺麗な仕上がりになります。
そして下地塗装→塗装→数日乾燥→完成 
    
 乾燥を終えて工場の外へ  養生を剥がし、ようやく完成です。 
2017年11月5日(日)
愛媛県総合防災訓練(愛媛県水難救済会)
   
旧梅津寺海水浴場周辺海域にて、松山・広島海上保安部、愛媛県警察、自衛隊、愛媛県、愛媛県水難救済会他、合同での救助訓練を実施。
我々水難救済会も船舶より海上要救助者の引き上げを行い、関係機関と連携して救助等を行った
実践的な訓練を行うことにより、防災体制の一層の充実強化、応急対策の機能向上を図ることができた。